>

話し合いができるスペース

大事なことを話し合う

会社の経営を進めると、様々な人と知り合いになります。
取引をしている相手と大事な会議をする機会が訪れるかもしれません。
その時は、応接室を使いましょう。
応接室なら誰にも邪魔されませんし、2人だけの空間なので会議に集中できます。
また情報を、第三者に聞かれる心配がありません。

シェアオフィスを探す際は、応接室があることを条件に含めましょう。
ですがシェアオフィスの中に、予約をしなければ応接室が使えない場合があります。
会議の直前に使いたいと申し出ても、すでに予約をしている人がいたら使えません。
レンタルスペースなどの代わりの場所を急遽見つけるのは大変ですし、余計な費用が発生するので、数日前に予約しておきましょう。

情報の漏洩を防ごう

防音の設備が整っていると、情報の漏洩を防ぐことができます。
情報の漏洩が気になる場合は、シェアオフィスの設計を調べておきましょう。
シェアオフィスを利用するにあたって、防犯面が気になる人が多いと思います。
誰でも室内に入れるので、自分がいない時にパソコン内の情報を盗み取られるかもしれません。

情報が漏れてしまえば今後の経営に支障が出るので、セキュリティを強化しましょう。
パソコンは、パスワードを入力しなければ開けない設定にしておくことが必要です。
パスワードは同じ数字の羅列や自分の誕生日など、簡単なものではすぐに見破られてしまいます。
数字やアルファベットを組み合わせて、自分しかわからないパスワードを作ってください。
情報を守ることに繋がります。


この記事をシェアする